相続や離婚などのトラブル│弁護士とトークし合おう

欠かせない存在

行政書士の業務内容について

law

行政書士は、私たちが生活したり仕事をしていく上で必要な手続きや書類作成などを、法律の面からサポートをしてくれます。生活に関連したことでは、自動車の登録申請、土地や建物の賃貸契約書の作成や交通事故に関する手続き、農地の売買に関する手続き、内容証明書の作成、遺言書の作成や遺産分割協議書の作成など沢山あります。行政書士は私たちが暮らしていく上で困らないように助けてくれる強い味方です。 また、仕事に関係した行政書士のサポートは、株式会社やNPO法人、医療法人、学校法人などの法律で定められた法人の設立、建築業や運送業、飲食業、産業廃棄物処理などの許可申請や著作権の文化庁への登録申請など多岐にわたっています。

外国人への支援で国際交流に貢献

行政書士は日本人だけでなく、外国人への支援や日本企業の外国人雇用促進のサポートもします。外国の人はビザ申請をしないと日本に居られませんが、入国から滞在まで行政書士業務を通して外国人を助けることができます。それだけでなく、日本で生活したい、日本人と結婚したい、日本で働きたいという希望の実現をサポートしたり、日本人になりたいという人の帰化申請もします。 また、日本でビジネスをしたいという外国人の相談に乗り手続きもします。外国人が日本に投資したい、日本で会社を経営したいというとき、日本の法律への理解不足でビジネスができなくならないようにサポートします。また、日本企業が外国人を雇用する場合に必要な手続きもします。この様に、行政書士は外国人への様々なサポートを通して国際交流にも貢献しています。